ガンプラすごいぜ!

ガンプラ製作レビュー

MG ギラドーガ製作レビュー③

MGギラドーガに装甲を組付けていきます。量産機であるギラドーガ(AMS-119)をベースにして、ヤクト・ドーガ(MSN-03)やサザビー(MSN-04)が開発されていますが、内部フレームを作っていると所々にサザビーと同じような構造が見つかります。これも内部フレームを製作している時の楽しいところの一つです。

 

↓胸の部分に装甲を組付けていきます。

f:id:takezogunp:20190216212224j:plain

MG ギラドーガ 内部フレーム

f:id:takezogunp:20190216212321j:plain

MG ギラドーガ 装甲組付け

↑内部フレームは細身ですが、重厚な装甲が組付けられてボリュームが増加しています。

 

 

↓ここから腕の部分の装甲を組付けていきます。腕の構造を見るとジオン系MS(モビルスーツ)の基礎となったザクⅡ(MS-06)の設計思想をしっかり引き継いで、正常進化した姿であることがわかります。

f:id:takezogunp:20190216214728j:plain

MG ギラドーガ 内部フレーム

f:id:takezogunp:20190216215014j:plain

MG ギラドーガ 装甲組付け

f:id:takezogunp:20190216215045j:plain

MG ギラドーガ 装甲組付け

f:id:takezogunp:20190216215124j:plain

MG ギラドーガ 装甲組付け

 

f:id:takezogunp:20190216215532j:plain

MG ギラドーガ 装甲組付け

ザクⅡ(MS-06)と同様に肩にスパイク形状がありますが、バーニアが追加されていますね。